忍者ブログ
走るのってたのしいよ!
[113] [112] [111] [110] [109] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

陸上競技は、野球・サッカー・バスケットなどと違い、ゲームとしての楽しさはあまりないと思います。
ですが、私も他のコーチも、陸上の魅力に取りつかれ、オジサンになっても大会に出たりしています。
なにがそんなに楽しいのでしょう?



「走ってるだけで何が楽しいの?」とよく聞かれます。
単純に、走ることが気持がよい、ということもありますが、それ以外にも魅力がありそうです。

それは、私は「創意工夫の楽しさ」ではないかと思うのです。
自分自身を実験台にして、走り方を研究したり、トレーニングで身体を強くしたりして、それが記録となって現れた時の喜びと言ったら、何と表現していいかわからないほどうれしいものです。
逆に言うと、その「努力と創意工夫」のプロセスを踏まなかったら、どんなにいい記録が出ても、そんなにうれしくないでしょう。
自分の努力と工夫によってマークした「自己ベスト」は、他人から見れば平凡な記録でも、自分だけの宝物になるのです。

たとえば、100m走。
小学1年生だったら、はじめは20~23秒くらいでしょう。
がんばって練習して19秒で走れるようになったら、ものすごくうれしいと思いませんか?
はじめから19秒で走れる子は、19秒という記録に何の思い入れも感じないでしょう。

コーチたちは、そういう感動を何度も味わい、陸上競技を好きになったのです。
そして、A.C.TOYAMA Kids のみんなにも、そういう感動を味わってほしいと思っているのです。
PR


忍者ブログ [PR]
このサイトについて

ブログを移転しました

基礎コース(小学3年生以上) http://actoyamabasic.blog.shinobi.jp/

Kids(小学1・2年生) http://ameblo.jp/actoyama-kids/

メールはこちらまで(☆を@に変えてください)
actkids☆toyamawalker.com

(お願い)いただいたメールに返信した際、エラーになることがあります。メールを下さる方は、受信拒否設定を解除しておいてください。
お知らせ・スケジュール
○クラブからのお知らせ

○スケジュール

○Tシャツの販売について

最新コメント
[05/30 小林]
[04/12 宮村]
[03/14 大渕]
[03/13 大渕 ]
[03/11 大渕 京子]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
コーチの本棚