忍者ブログ
走るのってたのしいよ!
[147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

りんのすけのお父さんから、質問メールをいただきましたので、ご紹介します。
参考にしてください。




日付 2008/09/20 0:36
件名 ちょっとお聞きしたいのですが!


いつもお教え頂きありがとうございます。
3年生のりんのすけの親です。

先日の記録会に参加させて頂きまして、うちの子の実力が分かることが出来てとても感謝しておりますと同時に、同じ3年生のとても早い子(スーパー3年生と言われるA.C.TOYAMA JrのM君)の走りを見て、どうやったらりんのすけがもっと早く走れるようになるのかわかりません。
(私自身は陸上の経験は無いのでアドバイスが出来ませんが、早い子との違いは歩幅にあるのではと思うと同時に、顎を引けとか肘を軽く曲げるようにとか言っては見たものの、それが正しいのかも分かりません)

体型に合った走りもあるかと思いますが、基本的なフォームにする上で、りんのすけはどのようにすれば良いかお教え願いませんでしょうか?

それと持久力をつけるには普段から走りこむしかないでしょうか?
(りんのすけは野球やサッカーといったクラブには属していないので、普段はダラ~っとしているだけですので)

お忙しいとは思いますが急ぎませんので時間があるときにでもアドバイス頂ければ幸いです。


日付 2008/09/20 16:46
件名 Re: ちょっとお聞きしたいのですが!


メールありがとうございます。
りんのすけくんは、他のスポーツクラブに入っていなかったのですね。
その割には、なかなかの記録でしたので、驚いています。

まず、りんのすけくんの走り方についてですが、今すぐに矯正したりする必要はないように思います。フォームを直したいというお気持ちはよくわかりますが、まずは、「大きくのびのびと走る」ことを主にして練習を進めております。

その理由は、次のとおりです。

走るスピードは、 「ピッチ(歩/秒)×ストライド(m/歩)」 で決まります。
つまり、広い歩幅で素早く脚を動かせたら速く走れる、という理屈です。
仰るとおり、歩幅が重要な要素なのですが、大股で走る意識が強すぎると、ピッチが極端に遅くなりますし、一歩一歩ブレーキをかけながら走ることにもなりますので、速く走れません。
歩幅を広げるということは、大股で走ることではなく、一歩一歩遠くに素早く跳ぶ感じのほうが近いと思います。
そのためには、全身が連動して動くことが必要です。
腕振りやもも上げだけの練習では、なかなかその感覚はつかめません。

そこで、今、キッズでは、スキップ・ギャロップ・バウンディングといった練習を行っています。
私はこれを、「全身を上手に使って、一歩一歩、大きく・強く・高く・遠くに跳ぶ感覚をつかむための練習」と位置づけています。
そして、この練習を繰り返すことで、自然に、フォームが合理的なものへと変わってゆき、さらに、この感覚を土台にして「小さく鋭く」動くように意識することで、ピッチも上がり、スピードもアップするのではないか、と考えています。

また、持久力についてですが、キッズで時々行っている「追いかけっこリレー」「コーン倒しゲーム」「ねことねずみ」などは、持久的トレーニングの要素も含んでいます。
ただ、それが1000m走などの記録アップには、すぐに結びつくものではありません。

長距離走の基本は一定のペースで走り切ることです。
もし、「走り込み」をするのであれば、ゆっくりでもいいのでリラックスして長い時間・距離を走るトレーニングをお勧めします。
小学生、特に低学年の子にとっては、ゆっくり一定のペースで走ることはとても難しいようです。
それができるようになると、長距離走の記録も伸びるのではないでしょうか。

ただ、成長期の子供には、あまり長時間のランニングはよくないとは思いますので、はじめは10~15分間位でも十分だと思います。

昨年まではメンバーが10人程度だったので、1000mのペース走などをやったこともあったのですが、今年の4月から急激に人数が増え、体力差も大きいことから、長距離走の練習は全くやっていませんでした。
10月から再びトラックが使えるようになり、スタッフも手伝ってくれる方が一人増えましたので、いろいろな距離のランニングも経験させてあげたいと思います。

以上、長くなってしまいましたが、ご質問の返答になっていたでしょうか?

今後ともご支援よろしくお願いいたします。
PR


忍者ブログ [PR]
このサイトについて

ブログを移転しました

基礎コース(小学3年生以上) http://actoyamabasic.blog.shinobi.jp/

Kids(小学1・2年生) http://ameblo.jp/actoyama-kids/

メールはこちらまで(☆を@に変えてください)
actkids☆toyamawalker.com

(お願い)いただいたメールに返信した際、エラーになることがあります。メールを下さる方は、受信拒否設定を解除しておいてください。
お知らせ・スケジュール
○クラブからのお知らせ

○スケジュール

○Tシャツの販売について

最新コメント
[05/30 小林]
[04/12 宮村]
[03/14 大渕]
[03/13 大渕 ]
[03/11 大渕 京子]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
コーチの本棚