走るのってたのしいよ!
[812] [811] [810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802]
今年最後の練習でした。あまり寒くなく、走りやすい日でした。


コーチ:尾原・村上・中才・庵・日影
メンバー:全メンバー
(3年生・23/29名)
ジュニア体験(18名) わかば・みさき・めい・まあや・ひなの・かずき・ゆうせい・ゆうき・たくい・そうま・そうた・(や)ゆづき・すずね・(き)あつし・マイロ・(か)ゆづき・そうすけ・げんき
キッズ(5名) なつき・かな・ちひろ・このか・まな
(2年生・15/17名)
けい・はるか・けいすけ・あつし・りゅういち・はやた・さほ・ひろし・ねおん・ゆうら・だいち・こうだい・けんしろう・まさき・さき
(1年生・3/6名)
まこと・あさひ・ひかる

場所:県総合(コンコース)
  • 体操
  • 20分間ジョッグ
  • 流し スキップ6回から流し 約50m×4
  • ステップ走 ジグザグ・バックジグザグ・コーン1周・コーンまたぎ・ホッピング・両脚ジャンプなど
  • 補強 ヒコーキ20秒・シーソー10回・ペダル漕ぎ15秒
  • 体操
ステップ走は先週やったからか、上手になっていました。
子供は対応力がすごいですね。
この練習は、コーンと自分との距離を計り脚を合わせる、コーンを超えるため動きを切り替えるという能力に刺激を与えるものです。
前者を定位能力、後者を変換能力と言います。最近流行の「コオーディネーション」というやつですね。他にも連結・反応・分化・リズム・バランスなどの7つの能力に分類されます。
これだけで走るのが速くなるわけではありませんが、スポーツでのさまざまなパフォーマンスの前提条件として必要な能力です。
上手い下手・出来る出来ないに関係なく、「やろうとすること」自体が身体や神経系への刺激となりますので、苦手でも、とにかく「やろうとする」ことが大切です。

とはいえ、週1回のわずか数分程度の刺激では全然足りません。
スポーツ指導者が用意したメニューなど所詮、わずかな刺激にしかなりません。
やはり、全身を動かして遊ぶことが何より大切です。

というわけで、冬休みも出来るだけ外で遊んで、身体を思い切り動かしてください。

次週、1月2日(木)はお休みで、1月9日(木)より活動再開です。
風邪などひかないように規則正しい生活をして、また元気に走りましょう!



このサイトについて

このサイトは、A.C.TOYAMA Kids のマネジャー兼コーチが運営しています。
日々の活動記録やスケジュールなどを掲載しています。

○管理人のプロフィール

メールはこちらまで(☆を@に変えてください)
actkids☆toyamawalker.com

(お願い)いただいたメールに返信した際、エラーになることがあります。メールを下さる方は、受信拒否設定を解除しておいてください。
お知らせ・スケジュール
○クラブからのお知らせ

○スケジュール

○Tシャツの販売について

最新コメント
[05/30 小林]
[04/12 宮村]
[03/14 大渕]
[03/13 大渕 ]
[03/11 大渕 京子]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
コーチの本棚